足利氏の歴史ホームページ作成にご協力いただける方はメールにてご連絡下さい。ご意見などもお待ちしてます。 brainnet@bnet.co.jp

足利の風景

足利フラワーパーク





足利氏にゆかりの寺院

西渓園の梅(両崖山城の麓の谷)

足利氏にゆかりの寺院

 足利には足利氏ゆかりの寺院が数多く残されています。それらの多くは鎌倉初期に創建された物が多く、以降の時代に於いても一族から手厚い保護を受けて今日に伝わったものです。

鑁阿寺

宗派 : 真言宗大日派
山号 : 金剛山
寺名 : 鑁阿寺
開山 : <調査中>
開基 : 足利義兼
本尊 : 大日如来

 文化財 : 本堂(国宝)
       鐘楼、経堂、
       金銅鑁字御正体、青磁浮牡丹香炉1口、青磁浮牡丹花瓶2口、
       仮名法華経、鑁阿寺文書
       御霊屋、多宝塔、太鼓橋、仁王門、東門・西門
       木造大日如来像、木造足利歴代将軍坐像、木造不動明王坐像

 足利の中心に位置するお寺。足利義兼によって創建され、後に火災で焼失しますが、足利尊氏の父貞氏により再建されています。本堂が国宝に指定されており、他にも数多くの国の重要文化財があります。
また、それ以上に日本史、特に関東地方の歴史を長年にわたり記録したアーカイバとしての役割を果てしてきました。このホームページが存在できるのは偏に鑁阿寺が有ればこそです。


善徳寺

宗派 : 臨済宗妙心寺派
山号 : 東光山
寺名 : 善徳寺
開山 : 仏満禅師大喜法忻和尚
開基 : 足利尊氏
本尊 : 薬師如来像、
     脇侍の日光・月光菩薩

 西暦1368年、足利尊氏を開基として、義氏の曾孫に当たる仏満禅師を開山として開かれました。
 鑁阿寺に程近く、現在の足利学校の東に位置している、足利有数の大きさを誇る本堂があります。
 ※ 内部の拝観は出来ません。


樺崎八幡宮

 足利義兼入寂の地です。
義兼が当地に下御堂(法界寺)を創建し、長男・義氏の手により諸堂宇が整備され、八幡神が勧請されました。
残念ながら現在は廃寺となっており、八幡宮だけが往時を忍ばせています。


光得寺

宗派 : 臨済宗妙心寺派
山号 : 菅田山
寺名 : 光得寺
開山 : 
 鑁阿上人勅宣赤御堂八幡大菩薩
           足利義兼
開基 : 
 光得寺殿正義大禅定門
           足利義氏
本尊 : 阿弥陀如来

 足利義兼の子、義氏を開基として開かれます。東京国立博物館収蔵の大日如来像と、足利一族の供養の為に建てられたと伝わる五輪塔が有名です。


法玄寺

宗派 : 浄土宗
山号 : 帝釈山
寺名 : 智願院法玄寺
中興 : 寂蓮社照誉芳陽上人
開基 : 足利義純(畠山義純)
本尊 : 阿弥陀如来

 足利義兼の正室、北条時子の菩提を弔うために建立されたと伝えられます。
義兼または義純が建立したと言われています。(義純は義兼の子、畠山義純として畠山氏の祖となります。)  


法楽寺

宗派 : 曹洞宗
山号 : 正義山
寺名 : 法楽寺
開山 : 
開基 : 足利義氏
本尊 : 釈迦如来

 義兼の嫡男、義氏の創建によります。


吉祥寺

宗派 : 天台宗
山号 : 義任山
寺名 : 吉祥寺
開山 : 覚恵和尚
開基 : 足利頼氏
本尊 : 十一面観世音菩薩
(聖観音菩薩坐像/市の重文)

 足利頼氏の創建による。現在では”あじさい寺”としても有名です。鑁阿寺から光得寺に向かう途中に位置しています。


智光寺〜大岩毘沙門天(最勝寺)叶権現

宗派 : 真言宗豊山派
山号 : 大岩山多聞院
寺名 : 最勝寺
開山 : 行基菩薩
 
本尊 : 毘沙門天/不動明王

 智光寺(平石八幡宮)は、足利泰氏により創建されましたが現在は廃寺となり、跡地に栃木県立足利清風高等学校が建てられています。僅かにその裏手にある平石八幡宮が往時を忍ばせています。
しかし、そこから北に足を延ばしたところにある大岩の毘沙門天には、今でも泰氏の名前を残す叶権現のお話があります。


光明寺

宗派 : 臨済宗妙心寺派
山号 : 萬壽山
寺名 : 光明寺
開山 : 仏満禅師大喜法忻和尚
 
本尊 : お釈迦様
    (釈迦牟尼仏)

 善徳寺と同じく足利義氏の曾孫である仏満禅師が開山のお寺。現在では”牡丹寺”としても有名。場所は吉祥寺の北にあり、更に奥に進めばココファームワイナリー、東に向かえば光得寺、樺崎八幡宮。
また反対の西に足を延ばせば、光明寺住職が兼務する行道山浄因寺に辿り着きます。


下野國一社八幡宮

主祭神:誉田別尊
   :大帯姫命
   :姫大神
源義家の勧請により創建
※ 門田稲荷神社もあります。
 

 下野國一社八幡宮は、西暦1056年に 源頼義・義家父子が前九年の役に際して戦勝を祈願し男山八幡宮を勧請して創建した八幡宮と言われています。その後、源姓足利氏により保護されます。
 古くは足利荘八幡宮と呼ばれ、また下野国第一の八幡宮という意味で下野國一社八幡宮あるいは一國一社八幡宮とも呼ばれていたそうです。

 

養源寺

宗派 : 臨済宗妙心寺派
山号 : 白華山
寺名 : 養源寺
開山 : 泰亀円了和尚
開基 : 源義国
本尊 : 釈迦如来

 足利義国を開基とし泰亀円了和尚を迎えて開創され、後に第14世関龍祖設和尚の代に臨済宗妙心寺派とななりました。東京文京区の養源寺(春日局の子、稲葉正勝の菩提寺)と宗派山号も同じです。
※ 因みに東京の養源寺は、足利行道山北礀の弟子秀嶽和尚が開山です。

 

足利氏の歴史TOP  :   NEXT PAGE ▶